ランキングで化粧品探し【オールインワンゲルで楽々スキンケア】

女性

オーガニックを使う

天然由来の成分

美容

オーガニックは有機という意味で、化学成分を含まないことから安全性が高いとされ、昨今人気が高まっている傾向にあります。おもに野菜などの食物で有名ですが、化粧品にもオーガニックの名称はよく見かけるようになってきており、無添加などとともに注目されています。しかし化粧品については日本ではまだ諸外国と異なり、国レベルでのオーガニック認証がされていないのが現状なため、確実にオーガニック化粧品を利用したいのならば、海外製の認証されたものか、日本製でも成分表を確認し、化学成分を含まないものを選んで利用すると良いでしょう。なお、表面の名称で無添加やオーガニックなどと表記されているからといって、必ずしも本当にそうだとは限りません。

オーガニックコスメの現状

日本でも農作物や加工食品、畜産物や飼料に関してはオーガニック基準が制定されていますが、化粧品に関してはまだされていません。しかし天然成分や無添加という、化学成分を使っていないと思わせる名称は消費者にとって魅力的なために需要もあり、実際には化学成分が含まれながらも、オーガニックと表記している化粧品も存在しています。これは基準があいまいなこともあり、たとえ一種類でもオーガニック成分が含まれていれば、オーガニックと名乗ることが許されているためです。そのために巷には無添加や天然成分配合などの表記が目立つ商品があふれていますが、その中でも本当にすべてが天然成分で構成されている化粧品はごく少数です。よって購入するまえに、成分表を確認することをお勧めします。